熊本畜産流通センター全体図


リクナビの弊社画面へ

名称 株式会社熊本畜産流通センター 資本金 1,651,000千円
所在地 熊本県菊池市七城町林原9番地 事業内容 肉畜のと畜処理及び
部分肉の製造・販売
TEL 0968(26)4121
E-mail somu@kumatiku.jp 敷地面積 84,002.6㎡
設立日 昭和60年10月21日
施設能力
<第1工場>新工場 <第2工場>
と畜解体処理 牛 110 頭/日 と畜解体処理 牛 150 頭/日
  豚 800 頭/日 部分肉処理 牛 70 頭/日
部分肉処理 牛 100 頭/日 枝肉冷蔵庫 牛 550 頭/日
  豚 700 頭/日 部分肉冷蔵庫 牛 120 頭/日
枝肉冷蔵庫 牛 550 頭/日
  豚 2,000 頭/日
部分肉冷蔵庫 牛 230 トン
  豚 190 トン
アウトパック工場 スライスパック10,000 p/日
排水処理施設 1,800 m3/日
焼却炉施設 190 kg/h
建物面積
大動物処理施設 6,256.54 ㎡ 排水処理施設 888.0 ㎡
小動物処理施設 6,846.01 ㎡ 焼却炉施設 86.0 ㎡
既存処理施設 11,036.6 ㎡ 病畜棟 284.7 ㎡
管理棟 2,083.4 ㎡
アウトパック工場 1,397.0 ㎡ 直営店舗(熊食館) 92.8 ㎡
熊本畜産流通センター組織概要
衛生管理部門

食品安全マネジメントシステムISO22000を認証取得し、
全従業員で「安全」「安心」「新鮮」なお肉を食卓にお届けするため、
よりよい製品作りを目指しています。

品質管理室では、県食肉衛生検査所の指導及び協力のもと、
施設全体のHACCPの取り組みを管理するため
器具・原料・製品等の微生物検査による検証を行い、
作業員の衛生教育を定期的に実施し、衛生管理の徹底に努めております。

会社沿革
昭和47年11月4日 社団法人 熊本県畜産流通センター設立
昭和60年10月21日 株式会社 熊本畜産流通センター設立
昭和61年4月1日 株式会社 熊本畜産流通センター業務開始
牛と畜施設、牛豚カット施設全面改装
平成6年度 部分肉スライス・パック工場建設
平成7年度 肉牛処理・保管施設整備
平成10年度 部分肉処理施設・経営管理装置整備
平成13年度 肉牛保管施設・病畜棟・焼却炉等整備
平成13年度 肉豚処理施設整備
平成16年度 直売店舗1号店開設(熊食館)
平成21年度 直営店舗2号店開設(you+you農畜産物市場内)
排水処理施設建設
焼却炉施設建設
大動物棟・小動物棟処理施設建設
平成22年度 第2工場 高度衛生施設整備
平成22年4月14日 食品安全マネジメントシステム ISO22000認証取得
平成23年1月28日 海外輸出対応施設完成
平成24年1月25日 対マカオ、タイ(牛肉)輸出認定取得
平成24年11月6日 対香港(豚肉)輸出認定取得
平成26年3月6日 対米、対カナダ、対香港(牛肉)輸出認定取得
平成26年3月7日 対ベトナム(牛肉、豚肉、内臓)輸出認定取得
平成27年10月30日 対ミャンマー(牛肉)輸出認定取得
平成28年9月27日 対シンガポール(牛肉)輸出認定取得
平成29年2月9日 対ブラジル(牛肉)輸出認定取得